出演者

多田誠司(ただせいじ)

1997年6月に待望の初リーダー作『THE GIG』を東芝EMIより発売。SWINGJOURNAL誌主催、97年度「日本ジャズ賞」部門で第三位に入るなど、各方面より絶賛される。また、世界的トランペッター日野皓正に認められ、1999年から2009年まで彼のグループにレギュラーメンバーとして参加。海外でも数多く活動する。2000年11月に自己のリーダーバンド「the MOST」を結成。2001年にCD「much,more,the MOST」でデビュー、高い評価を得る。2014年からは若手トップミュージシャンたちのユニット、Oaky(宮川純org,横山和明ds)を結成。2016年6月にデビューアルバム「Oaky-Dokey !!」をリリース(ゲスト井上銘g)するなど、若手ミュージシャンの育成にも力を入れている。2017年には初のNYレコーディングを敢行。リニー・ロスネスp,ピーター・ワシントンb,ケニー・ワシントンdsという現代最高のリズムセクションと共演し、2018年3月にCD「Workout!!」としてリリースする。教則本等も、超絶アルトサックス、超絶アルトサックス ザ・スコア、最強のアドリブメーカー、超絶アルトサックス DVD、Jazz sax start guide、など多数出版。現在はリーダーバンドとして「Oaky」「多田誠司Workout Quartet」「We Three Kings」「Taurus」を率いる他、スガダイローpとのデュオ、松本茜pとのデュオ、香取良彦Jazz Orchestra など多方面で活動中。また、2005年からの世田谷区の中学生を対象としたドリームジャズバンド(校長:日野皓正)の指導のほか、洗足音楽大学および飯田ジャズスクール、Da Capoで講師として教鞭をとるなど、教育活動にも力を入れている。2013年、地元高松市観光大使を拝命。岡山大学JAZZ研究会OB。

橋爪亮督(はしづめりょうすけ)

岡山大学在学中20歳の時にボストン・バークリー音楽大学から奨学金を受け渡米。1996年同校Jazz作曲科卒業。同年初のリーダー作となる「And Then You Heard Tales(HAO Record 428)」をアメリカ国内でリリース。 翌年2枚目のリーダー作「In A Stranger’s Hand(HAO Record429)」をリリース。 1997年に帰国。2006にはPOLYSTAR JAZZ LIBRARYより国内初となるリーダー作「WORDLESS」(P.J.L. MTCJ-3031) をリリース。2008年 BounDEE JAZZ LIBRARY より国内2作目となる「AS WE BREATHE」(B.J.L. DDCJ-7004) をリリース。2009年 Grapes Record より国内初のライブ録音となる「Needful Things」(GPS-1206) をリリース。2012年 tactile-sound records より「ACOUSTIC FLUID」(TS-001)リリース。2013年 Apollo Sounds よりグループとしては初のライブ盤「Visible/Invisible」(APLS-1304) をリリース。2014年続編となる「SIDE TWO」(APLS-1410) をリリース。2017年 Apollo Sounds より5年ぶりとなるスタジオ録音盤「imcomplete voices」(APLS-1704)をリリース。現在は全曲オリジナルによる自身のグループを中心に、新宿ピットインを始め、首都圏ライブハウス等で活動中。その繊細で美しい独自の音空間は、他の追随を許さない。

西山瞳(にしやまひとみ)

2005年横濱ジャズプロムナード・ジャズコンペティションでグランプリを受賞後、2006年スウェーデン録音CD『キュービウム』でデビュー。自己のトリオを中心に国内外で活躍し、2010年インターナショナル・ソングライティング・コンペティション(アメリカ)で、ジャズ部門3位を受賞。コンポーザーとして世界的な評価を得た。 2015年には、ヘヴィメタルの名曲をカヴァーしたアルバム『ニュー・ヘリテージ・オブ・リアル・ヘヴィ・メタル』をリリース。ジャンルを超えたベストセラーとなり、2016年には『ニュー・ヘリテージ・オブ・リアル・ヘヴィ・メタル 2』、2018年に『ニュー・ヘリテージ・オブ・リアル・ヘヴィ・メタル 3』をリリース。高崎晃(guitar)、デーモン閣下の推薦を得て、いずれも高評価、好セールスを記録。雑誌、WEBメディアなどでの執筆や連載などを通じても、ジャズとヘヴィメタルを横断した活動を継続中。現在は、自己のトリオ、NHORHMの他に、東かおるvocalとのヴォーカル・プロジェクト、安ヵ川大樹bassとのデュオ、ビッグバンドへの作品提供など、幅広く活動。横濱ジャズプロムナードをはじめ、全国のジャズフェスティバルやイベント、ライブハウスなどで演奏。オリジナル曲は、高い作曲能力による緻密な構成とポップさの共存した、ジャンルを超えた独自の音楽を形成し、ヨーロッパジャズを背景とした独自の音楽性により、幅広い音楽ファンから支持されている。

熊本泰浩(くまもとやすひろ)

岡山市出身。中学1年よりウッドベースでジャズを始め、15歳でアルトサックスに転向。クラシックを仲田守氏に、ジャズを大森明氏に師事。大学卒業後プロとして活動を開始。中本マリ(Vo)、大徳俊幸(pf)、徳山陽(pf)、前田憲男(pf)、五十嵐明要(as)、大森明(as)、中川喜弘(tp)、中川英二郎(tb)等と共演。2002年より名門ラテンバンド「有馬徹ノーチェ・クバーナ」に参加、リードアルトを担当。2016年より「猪俣猛JAZZ ORCHESTRA」のリードアルトとしても活動開始。自己のカルテットのほか、主宰する6管3リズムのBopBand「BBC」をはじめ、多彩なユニットで都内・東京近郊での演奏活動を行うほか、近年は各地へのツアーも積極的に行っている。

PAGE TOP